トップ > 体験レポート > 都内 出張アロマエステ アロマアットホーム 体験レポート

都内 出張アロマエステ アロマアットホーム 体験レポート

ジメジメとした梅雨時の6月某日。
今回の特捜!リラクゼーション最前線は大人の事情により、都内 出張アロマエステ アロマアットホームに決まった。
決して右側にあるバナー関係があるわけではない。

アロマアットホーム 如月

というわけで今回は初の出張店ということで店舗型のお店と違い出張型ではどんなメリットがあるかを考えてみた。
まず、出張店のいいところといって思い浮かぶことは、 『マッサージ後にそのまま寝れる事!』これはまさに出張ならではの醍醐味です。
そして、なんと言っても 『憧れのセラピストさんがわざわざ自分の部屋に来てくれる』これもまさに出張冥利につきます。
また、店舗型と違って隣室の物音や会話が気になったり、フロントの電話の着信音で気が散ったりすることもありません。
場所は自宅でもホテルでも自分専用のスペースにて、ゆっくり気兼ねなくくつろぐことが出来るのです。
逆にあえてデメリットをあげてみます。
既婚者や同居人がいる場合は当然自宅には呼べません。
その場合はホテル代が料金とは別にかかってしまいます。
安めのビジネスホテルでも6000円程度かかってしまうことを考えるとホテルへの出張はコスト的に割高感が出てしまうと思います。
出張やなにかで既に新宿近辺にホテルを予約してある場合はまさに最適な環境にあるといえますが…。
また、自宅やホテルに出張することを怖がる女性セラピストさんは数多くいます。
お店側の徹底したフォローワークがなければセラピストさんの質を維持するのが難しそうな気もします。

アロマアットホーム 如月 馬乗り

そんな事を考えながら『アロマアットホーム』さんに電話にて予約を取り付ける。
今回は都内某所にある知人宅をお借りして、実際に体験してみました。
まずは出張店で大切なことが予約の電話応対。
直接対面せずに電話だけで受付を済ますため、お客さんにとってはお店側との唯一の接点でもある。
今回電話応対をしてくれたのは男性の方で非常に柔らかい雰囲気で好感の持てる応対をしてくれた。
出張場所を告げると、新宿区発なので30分程度で到着するとのこと。
また、現在はオープニングキャンペーンにて23区内は交通費無料とのこと。
これはありがたいサービスである。
そして部屋の掃除を念入りにすること30分。
ついに待望のセラピストさんの到着。

如月凉さん アロマアットホーム

如月凉さん22歳とのことですが、パッと見はもっと若く見える。
ショートボブでなんだかふんわり、フニャフニャした独特な雰囲気を持つセラピストさんです。
まずは部屋の準備をしながら、ちょっと世間話。
ベッドの上にオイルがつかないようにビニール地のシーツ(?)を敷いてくれます。
その上にタオルを敷き、癒し系ヒーリングミュージックを流し、準備完了。

アロマアットホーム準備中

このお店はHPによると「業界未経験の容姿端麗かつ上質な接客マナーを兼ね備えた女性」を多数取り揃えているとのこと。
従来アロマエステ店はその技術や経験をウリにするお店が多いのですが、その逆を行くコンセプト。
業界未経験の女性にポイントを当てるあたりが、新鮮に感じられますが、今回の如月凉さんもお察しの通り。
「すみませんm(__)m、業界未経験でマッサージ歴もまだ1ヶ月だけなんですぅー」と不安顔で言われると
「大丈夫だよ。怖くないから安心してね。」と優しい言葉のひとつでもかけたくなってしまうのが人情ってもんです。
まさに初々しさ溢れる鮮度抜群セラピストといったところでしょうか。

マッサージ うつ伏せ アロマアットホーム

今回施術してもらうのは100分のアロマトリートメントコースに10分のプリンスコース(臀部・そけい部のオプション)を加えた110分コース。
プリンスコースという名前の意図は不明だが、王子様的な気分に浸れること間違いなしといったところだろうか。
値段は割引適用されて14000円(コース料金)+2000円(10分のオプション)で110分で16000円ということだが、出張ということを考えるとむしろ安いほうだと思われる。
ただ、実際にここにホテル代が加わるとちょっと割高感は否めないのだが…。
例えば、ビジネスホテルの一室をお店側で押さえてくれて、その日のお客さんでシェアできたり、安価で小奇麗なレンタルルーム等が利用できたりすればもう少し利用しやすくなるような気もします。
まだまだ出張アロマエステというジャンル自体がまだまだ確立されていないので、これから徐々に改善されていくことを期待しましょう。

リラクゼーション うつ伏せ アロマアットホーム

そんなわけでお互いに着替えをすることに…。
実はひょっとしてセラピストさんの着替えシーンを拝めるかなってちょっと期待しちゃいましたが、着替えは別室でした。^^;
(ワンルームだったらトイレやお風呂で着替えるのかな?)
着替えの終わった凉さんは白いTシャツに黒のショートパンツ姿。
ホームページにはスリットの入ったスカート画像も掲載されているが、実際の施術の場合はショートパンツでの接客になるそうだ。

Tバック紙パンツ

さて、こちらも着替えをしようと渡された紙パンツを見て、目が点に…。(◎д◎;
なんとTバック紙パンツ。むしろTバック神パンツと言ったほうが正確だろうか。
正直、この紙パンツは恥ずかしい。
そして、業界未経験の初々しいセラピストさんにその姿を見られるのももっと恥ずかしい。
ま、何事も経験だと思いながら装着完了。
ってなんかはみ出しそうで不安いっぱい、夢いっぱい。
全国の紙パンツ愛好家の皆様。アロマアットホームでは思う存分Tバック紙パンツれますよー。
というわけでいよいよ施術開始。

脚から太もも アロマアットホーム

凉さんにドーンと豪快に馬乗りになられて、まずは背中からの施術開始。
施術的には未経験→講習でようやく流れを覚えた感じで初々しくはあるのですが、 手技的にはまだまだな部分も多々あります。
しかし、持ち前の明るさとフニャフニャした(?)雰囲気で手技の未熟さを補って、いい雰囲気を醸し出しています。
背中から腰へと施術は続き、今度は下半身の施術へ。
太もも、ふくらはぎ、足首へと丹念に揉んでいただき、うつ伏せのメインイベントのヒップマッサージに。
ヒップマッサージって本当に気持ちいいんです。
と施術されながらどんな風に揉んでるのかな?と振り返るとなんとTバック姿の自分のあられもない姿が見えて、ちょっと欝にw
施術自体は淡々と進み、今度は仰向けに。

マッサージ 臀部 ヒップ

通常、デコルテの施術をするときって施術台の頭の後方にセラピストさんが位置して後方から揉むのが主流ですが、 いかんせん自宅やホテルではヘッドのヘッドレスト部分が壁にくっついていることが多いので、後ろ側に周れません。
今回はちょっと自分が下がることにより、頭の後ろにスペースを空けてその部分にセラピストさんが入りこんで施術をしてもらいましたが、 大柄な人だったりするとサイドから施術してもらう形になるのでしょうか。
今回ベッドにて施術を受けてみましたが、専用の施術台に比べるとクッションが柔らかく、セラピストさんもマッサージしづらい感じでした。
そんなこんなで、お腹、下半身と施術は続き、最後はそけい部の施術。
仰向けになるとTバックパンツの脇からはみ出してしまわないか、不安でドキドキしながら、必死に邪念を押し殺す。
施術的には一般的なそけい部のマッサージですが、凉さんの施術はかなりのソフトタッチで、痛がりの筆者でも全く痛くなく終了。
そけい部が好きな方には少し物足りないのではないかな?と感じました。

マッサージ お腹 マッサージ 肩 マッサージ デコルテ 胸 マッサージ デコルテ マッサージ 太もも 脚 マッサージ そけい部

一連の施術を終えて、なんとなくの感想。
まず第一にセラピストの凉さんの雰囲気がとってもよかったです。
「接客してます!」っていう感じではなく「彼女にマッサージしてもらってる」感じが伝わってきました。
施術の手技が拙かったり、馬乗りになってマッサージしてくれたりといった部分は素人っぽさが意図的(?)に出ているのか、 お店の方向性がなんとなく伝わってきたような気がします。
ただし、やはりアロマボディートリートメントとしては手技に若干物足りなさを感じるのも事実。
凉さんが様々なお客さんに接客したり、講習を重ねることにより、初々しさと実力を兼ね備えたセラピストに成長するまで、 じっと見守っていきたいなと感じた今日この頃です。

マッサージ 腕 リラクゼーション後の雑談

また、出張アロマエステという業種自体にはまだまだ様々な工夫や発展の余地が残されていると個人的には思いました。
出張する側のセラピストさん達は常に様々な不安を抱えています。
そのあたりを理解し、
 ① 清潔感のある部屋に呼ぶ
 ② お風呂に入ってから利用する(身だしなみ)
 ③ 過度なサービスを要求しない
等をまずは最低限守ってご利用いただくことをオススメしたい。
そうやってセラピストやお店との信頼関係を守って利用することが、 このお店の魅力を最大限に引き出すことにつながるのではないかと思います。

施術後のほっと一息

アロマアットホームはオープンしてまだ数日という新しいお店ではありますが、 既に在籍セラピストは10名を越え、日々進化し続けております。
1ヵ月後、2ヵ月後、半年後、一年後とそのセラピストの成長とともに振り返れば、 きっとそこには癒しというかけがえのない宝物が見つかるに違いありません。
ー完ー

今回ご協力いただいたのは都内 出張アロマエステ アロマアットホームとセラピストの如月凉さんです。

詳細データ:アロマアットホーム

地域:
関東 > 東京都 > 新宿
住所:
東京都新宿区
交通アクセス:
新宿発
TEL:
03-5973-4073 『リラクゼーションプラザ』を見たとお伝え下さい。
営業時間:
17:00~翌3:00
定休日:
年中無休
種別:
出張アロママッサージ
URL:
http://armah.jp/

カテゴリー 一覧

リラックスプラザメニュー


© 2008-2009 リラクゼーションプラザ Relaxp.com All Rights Reserved.